おっさんクサいと言われる前に女性のための加齢臭対策ガイド

女性と男性の加齢臭の違いについて

 

加齢臭に男女差はあるのでしょうか。

一般的にはどうしても加齢臭というものは「オヤジ臭い」といった男性のものであるイメージが強いですね。

しかしながら当然女性も加齢臭が発生します。

加齢臭が起こる仕組み自体は男女差はありません。

 

同じメカニズムで臭いが発生しているのです。耳の裏側や胸など、臭いの発生元は男女差はありません。

しかしながら男性の加齢臭ばかりが取り上げられるのは、男性の見た目からくる清潔感や服装などが原因かもしれません。

また、女性は化粧をしたりコロンを使用する機会も多いことから比較的加齢臭が表に出てこないという見方もあります。

唯一の違いは加齢臭が発生する年齢。男性は40才くらいから出始めますが、女性は40代後半の更年期障害と重なります

 

そのくらいの時期から男女ともにしっかりとした臭い対策をしていきたいですね。

加齢臭になる原因

加齢臭の原因はなんでしょうか?
それは、「ノネナール」という名前の物質です。聞いたことがないという方がほとんどだと思います。

皮脂腺の中の脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって作られる物質で、これが増えることが臭いの根本的な原因となっているようです。

ノネナールはどのようにして増えるのでしょうか?人間全員に備わる物質であれば老若男女問わず加齢臭を漂わせているはずですが、実際にはそうではありませんね。

それは、若い男女にはこのノネナールがほとんどないというのが理由です。加齢がこの物質を増やす原因となっているのです。

というのも、加齢によりストレスの増加や劣悪な食生活など、いわゆる不健康な生活全般が臭いのもととなっているのです。

さらにはこの臭い、選択してもなかなか落ちません。

 

落ちないばかりか他の洗濯ものに臭いが付いてしまうなんてこともあるので非常に厄介です。

加齢臭が出やすい場所は?

それでは臭いは体のどこから出ているのかご存知ですか。

諸説ありますが、一般的には一番多いのは
「耳の裏」と言われていて、次いで「頭」「首」「顔」と続きます。

他の部分からはじゃあ臭いは出てないの?というと全くそんなことはありません。

 

特に多いのがこの部位と言うだけで、実際には上半身はほぼ加齢臭の臭いを発生させています。

また、最近ではこの耳の裏と言う説を否定している専門家などもいまして、皮脂を分泌する皮脂腺が体の中で一番多い部位である「背中」が最もにおいを出すという意見も出ている等、いずれにしても全身に注意した方がいいですね。

誰でもすぐできる!加齢臭の対策法

サプリで対策

年を取ってくると今までは備わっていた、ざっくりいうと、体内にもともと備わっていた臭いを消す機能、体質が減ってくるため、臭い成分である「ノネナール」が暴れてしまうのが加齢臭の主な原因です。

ではその機能が復活することにより抗酸化物質という臭いに対抗する物質が若いころと同じように作り出せれば臭いはなくなるわけです。

しかし加齢はその能力を奪ってしまいます。だからこそ、自分で作れなくなったその成分を「サプリ」で摂取するのです。

 

食事よりも少量で数百倍の効果があるサプリメントが効果的だといわれる理由です。

 

参考記事 ⇒ 女性におすすめの加齢臭対策サプリはこれ!悪臭とはオサラバ 

シャンプーで対策

もちろんどんなシャンプーでもOKというわけではありません。

 

また、洗浄力が強ければよい、ごしごし洗えばよいというものでもありません。

購入するのは専門のシャンプーです。加齢臭や臭い対策に特化した様々なシャンプーが存在します。そういったものを選びましょう。

そういったシャンプーは、適度な洗浄力によって、頭の臭いのもととなる余分な皮脂だけを洗い流してくれ、頭の環境を整えてくれます。

参考記事 ⇒ 女性の気になる頭皮の臭いにおすすめのシャンプーはコレ!

石鹸で対策

加齢臭専用の石鹸を使う事も対策としては有効です。

専用石鹸は普通の石鹸と比べて消臭の効果等が持続しやすいです。

 

また、加齢臭に効果があるといわれている「カキタンニン」であるとか「ローズマリー」などといった有効成分も意図的に豊富に配合されているので、非常に効果的ですね。

 

参考記事 ⇒ 女性の加齢臭におすすめの石鹸はどれ?正しい選び方は? 

おっさんクサいと言われる前に

臭いを気にするのは女性なら特に当たり前のことだと思います。

 

だからこそ、一度臭いを気にしてしまったら職場でも常に気を使って、疲弊してしまうのだと思いますが、今回少し上げただけでも様々な対処方法があります。

 

きっと改善することができますので、頑張っていきましょう。

PAGE TOP ↑